So-net無料ブログ作成

アクセル or ブレーキ?

 日本はいま大変な危機に直面している.参議員選挙で与党が圧勝する勢いなのだ.

 だから何だ? という意見もあるだろう.国民の支持を得た政党が国政を担当する.それでこそ民主主義なんだ,と.

 そうだろうか? 日本の民主主義は,よく機能しているのだろうか? たとえば国会だ.あの空疎なやり取りを見て問題を感じないだろうか? 今の国会は政府の方針を承認するだけの舞台装置でしかない.立法府として機能していない.この原因は,与党が絶対多数を占めているからだ.何を議論してもしなくても,政府が出した議案は国会を通過してしまう.だから実質的な議論は行われない.

 国権の最高機関たるべき議会がこの調子である.裁判所も政府に楯突くような判決を出さない.出すこともあるが,要所要所でしっかり政府の意向に従っている.つまり今の日本では三権分立が機能していない.

 そういう状況下での参院選だ.仮に与党が圧勝すれば,次は憲法改正だ.国民投票ではカネのあるサイド,つまり与党側が圧倒的な宣伝力で世論を牛耳ることだろう.

 憲法改正おおいに結構,望むところだ,という意見もあるだろう.そう思う人は自民党の改憲案をしっかり検討してほしい.

 日本の政治システムの最大の欠点は,バランスが一旦崩れ始めると,ズルズルと同じ方向に向かって暴走してしまうことだ.アクセルばかり機能して,ブレーキのない状態になってしまう.

 バランスを保持するための1つの仕組みが三権分立だけど,今すでに上記の通り.ブレーキの効かない状態になっている.自民党の改憲案も,政権の暴走を許容する内容になっている.現行憲法が持っているブレーキの機能が,憲法改正によって失われてしまう.つまり政権は完全な暴走状態に突入することになる.

 いま日本国民に求められていることは,暴走状態に入ってしまう前に何らかのブレーキをかけることだ.その最も有効な方法が選挙だ.与党の絶対多数の状態を許さないことだ.

 自分は自民党支持だから,という人も考えてほしい.いま自民党をこれ以上肥大させることが,どういう結果を招くだろうか? 今の日本に必要なものはブレーキだ.今は野党の議員数を増やすべき時です.


nice!(2)  コメント(0) 

NHKがヘンだ

 NHKの報道がヘンだ.
 ずっとそう思ってきたけれど,最近やっとマスコミが取り上げ始めた.

 まず毎日新聞:
NHKの政治報道、変だ 「安倍政権寄り」と保守系誌も批判
https://l.mainichi.jp/OFZq5zN
 NHKの政治報道が変である。今年に入り、論壇誌が相次いで「安倍晋三政権寄りが目に余る」などと報道姿勢にモノ申す特集を組み、NHKのOBらが古巣に抗議する事態になっているのだ。物議を醸した籾井勝人前会長が退任して2年。公共放送はどこへ向かっているのか?
(以下略)

 そして週刊金曜日:
http://www.kinyobi.co.jp/tokushu/002749.php
 安倍晋三首相の「支持率高止まり」はNHKのおかげ――。こんな声も聞かれるほど、第2次安倍政権における定時のニュースを中心としたNHKの政権寄りの姿勢が目立つ。政権に都合の悪い情報は極力小さく扱うか無視する一方、首相の人気取りにつながるような報道がはびこる.
(以下略)

 朝日新聞もやっと沈黙を破って,こういう記事も:
https://www.asahi.com/articles/ASM3J6K4LM3JPGJB00V.html?iref=comtop_rnavi_arank_nr01&fbclid=IwAR2taGRx_mSYvuNNT2c8WsTyMHnA-0WBCg8G8bM2geDoWUO4CMEoltPDm7I
 森友学園問題が明らかになった当時、相沢さんは大阪報道部にいた。当初、NHKでは全国ニュースにならなかった。売却価格の決定過程に関する特ダネは約2カ月、放送されなかった。やっと放送されたその3時間後、「あなたの将来はないと思え」と当時の上司が電話で激怒されている姿を目の当たりにした。
(以下略)

 NHKによる「忖度」もあるのでしょう.しかし根底には,マスコミによる批判に不寛容な安倍政権の姿勢があると考えたほうが,より自然だと思いますね.こういう報道もありました:
https://hbol.jp/188771?fbclid=IwAR0HxAoWg852Qbut0tBXkdIPBxaeyFD72ChjaFzyWfpCmoAiMwTZwSvMX1g
 前代未聞、極めて異例なことだ。3月14日、首相官邸前で新聞記者などメディア関係者ら600人がデモを行い、内閣官房記者会見での政府関係者による望月衣塑子記者(東京新聞)への嫌がらせに対して抗議した。  多くのメディア関係者らがデモという直接行動に出るようになった背景には、安倍政権が露骨に「報道の自由」への圧力を加えてきたことへの危機感がある。  14日の官邸前デモを主催したのは、日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)。新聞、放送、出版、映画、広告等それぞれの労働組合の連合会、協議会等で構成された組織だ
(以下略)

 いま日本のマスコミは政府に尾を振る忠犬に成り下がっている.特に犯罪的なのがNHKだ.
nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。