So-net無料ブログ作成

植草氏の視点(つづき)

 前回の続き.「植草一秀の『知られざる真実』」の内容紹介です.重要と思われる視点を抜き出して,かいつまんで転載します.勝手に原文を書き換えた箇所もあります.

2013年7月20日 (土)
原発・憲法改悪・TPP推進勢力の暴走を阻止する策

 「アベノミクス」の時代はすでに終わっている。
 アベノミクスは,
金利低下・財政出動・企業利益増大.
というけれど実際は,
 金利低下と財政出動 > 金利上昇と消費税増税に
 企業利益増大 > 格差拡大に
となっている.

 つまり,アベノミクスの正体は,
超インフレ・超増税・超格差
である.
 過去半年の、かりそめの金利低下=円安=株高に惑わされてはならない。客寄せの甘い罠に他ならないからである。


 私たちがしっかりと見つめなければならないのは、
原発・憲法・TPP・消費税・辺野古
の五大テーマである。

 マスメディアの選挙結果予想に惑わされてはならない。必ず選挙に行って参政権を行使しよう.

     *     *     *

 憲法第96条について. 議会制民主主義の下で創出される権力は強い。内閣総理大臣には、強大な権力が付与される。軍隊を支配し、警察権力を支配する。強大な権力が政権に付与される。人権を守り、国民主権を守るためには、政治権力を縛る強力な「縛り」が必要である。そのために設置されているのが「憲法」である。

 「憲法」は政治権力が暴走しないための防波堤の役割を果たす。だから、「憲法」がやたらに改変されないように、憲法改定のルールは厳しく設定されている。

 憲法改正をたやすく実現するために,憲法96条の改定が提案されている。これを絶対に認めてはならない。96条改定勢力に参議院の3分の2以上の議席を付与しないこと.

 憲法96条改定を絶対に阻止すること。参院選の最大の焦点は、この点にある.
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 1

Ladybird

 shira様,nice!をありがとうございます.
by Ladybird (2013-07-23 02:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。