SSブログ

あと2ヶ月

POP02-2.jpg
 あと2ヶ月だ.安倍首相は多分そう考えている.安倍政権や自民党が好意的に報道され,国民が好意的に受け取る.そういう状況が,あと2ヶ月続けば良い.
 安倍氏の目標は憲法改正.そのためには参院選で大勝すること.それまで残り2ヶ月.支持率の維持に最大の配慮をする.それが安倍氏の基本方針でしょう.

 4月4日の朝日新聞に,「点検100日,安倍政権」と題した記事が出た.
 この記事によると昨年12月,衆院選で手応えを感じていた安倍氏は,側近の人たちと協議.ひそかに1枚の「工程表」を作った.
 そして衆院選での大勝利.以後の政権運営は,大略この工程表どおりに進んでいると,この記事は伝えている.
 もちろんTPPへの参加表明も,この工程表にしっかり書かれている.地方では自民党の候補者が「TPPに反対」を声高に叫んでいた時にだ.安倍氏は積極的にウソをついたのではないかもしれない.しかし自分の方針と逆の公約?を党員が宣伝しまくっているのを,党総裁でありながら黙認した.沈黙しておくほうが選挙に有利という計算があったのでしょう.

 マスコミも安倍氏の思惑通りに動いてくれている.経済政策を「アベノミクス」と持ち上げ,円安や株高などの「成果」を大きく報道する.尖閣諸島などの報道はほとんどアジテーション.憲法記念日には憲法改正の議論を盛り上げた.連休後半は閣僚が外国を訪問した成果を宣伝する.
 毎日何百トンだかの汚染水を出しているという福島原発はどうなったのだろう? 一部で大きく取り上げられていたTPPの問題は? 日本国民はマスコミが何を報道するかだけでなく,何を報道してないかにも注意せねばならないようだ.

 憲法改正のため安倍氏が採用している手法が,改正のためのハードルを下げること.憲法96条である.憲法改正手続きの第1段階.現行では衆参両院でそれぞれ2/3の賛成が必要とされている.それを1/2にしようという案だ.
 改正手続きの第2段階は,国民投票で1/2の賛成が必要というもの.これについては既にハードルを下げている.つまり2007年(安倍氏が前回首相だったとき)に,「憲法改正国民投票法」を成立させ,有権者のではなく,有効投票数の1/2の賛成で,憲法を変えられることにした.
 本当に変えたい条項があるのに,それはさて措いて,まず変えるためのハードルを下げる.これが彼の手法であり,2007年と今回とで,その手法は一貫している.とはいえ,この手法といい,上記TPPの一件といい,安倍氏は政治家としてあまりに姑息であるように思う.

 すべては参院選までの人気取り政策.そういう視点からの冷静な眼が必要だ.だから今は個別の論争にあまり目を奪われないほうが良い.たとえば,アベノミクスは国民を豊かにするどころか,経済破綻をもたらすのでないかと心配する声がある.心配ご無用.自民党の人気が,あと2ヶ月保てれば良いだけのこと.選挙から以後に何が起こるかなどは,安倍氏の眼中にはない.
 朝日新聞の上記記事によると,安倍氏の工程表は参院選までで終わっているそうです.
nice!(3)  コメント(11)  トラックバック(10) 

nice! 3

コメント 11

松田まゆみ

トラックバックありがとうございました。
安倍氏の行程表は参院選までなのですか。なるほど・・・。とにかく在任中にアベノミクスで支持を得、その勢いで改憲できるように整えたいということなのでしょう。安倍氏は米国に媚を売ることしか考えていないように思えてなりません。それが一番楽でしょうからね。それにしても、3.11以降、この国はますます国民を騙すことに長けてきているのではないでしょうか。マスコミとグルになって。

by 松田まゆみ (2013-05-06 16:23) 

Ladybird

 松田様,コメントありがとうございます.安倍氏はさまざまな画策をしていますが,とりあえず「すべては参院選>改憲のためのポピュリズム政策」という切り口から分析するのが有効ではないでしょうか.市民運動は特定のテーマ(たとえば反原発)に特化しがちですが,それでは次々と打ち出されるトンデモ政策に有効に対応できないと思います.

>この国はますます国民を騙すことに長けてきているのではないでしょうか。マスコミとグルになって。

 ご指摘の通りです.マスコミの犯罪性を日々痛感しています.もっとも,大学関係者もあまり他人のことを批判できる状況ではない気もしますね.
by Ladybird (2013-05-06 17:08) 

ayu15

巨人新聞(仮称)みてたら定数削減以外はえらいほめようで次々せいかがでてるという印象与えています。

でもほんと??尖閣は何も解決してないし
民主党がつまずいた普天間も

原発だって垂れ流しで余計に悪いような?

まあ物価上昇の公約だけは見事に成果だしてますが。


改憲は別に反対じゃないですが
その内容や過程が・・
そして「空気」が・・

サブプライム(日本で取り上げられる前)
民主党つまずき
原発

次々科学的根拠なんて何もない
ただの漠然とした不安が大当たりしてます。
なぜかうちの女の感?は悪いことには当たるようです。

現政権での憲法改正は
ものすごくおおきい不安感じてます。
といより恐怖感じます。


ちょうどうちも日記に書いたのでよければ。
by ayu15 (2013-05-07 08:53) 

Ladybird

ayu様,nice! とコメントありがとうございます.
 日記,読ませていただきました.幣原氏のお話はとりわけ興味深く拝読.象徴天皇制とか,とりわけ憲法9条の制定に至る経緯は,本当に初めて聞く話で驚きました.
by Ladybird (2013-05-07 21:40) 

shira

 TBありがとうございました。
 彼に代表されるタカ派の人たちは、口では日米同盟重視と言っていて、実際米軍基地問題やTPPではアメリカ>日本人という姿勢を貫いてはいるのですけど、その割にアメリカが嫌がるようなことも気楽にやるんですよね。尖閣諸島の問題なんてのは最たるもんなんですが。ここいらへんの不勉強というか思慮の浅さが晋三坊ちゃまの命運を左右することになりそうな気はします。
by shira (2013-05-07 21:43) 

Ladybird

 shira様,nice!とコメントありがとうございます.
 貴ブログにある通り,憲法改正などというのは緊急に今せねばならないことではありません.自民党が国会の多数を占める今がチャンス,というだけのこと.安倍首相は自分のこと,自分がやりたいこと(改憲)だけを考えている人だと思います.
by Ladybird (2013-05-08 03:24) 

ayu15

幣原氏説?と反するGHQ説も追記で載せてます。


読んでいて
押し付けられたおかげで陛下が無事だったと受け取れます。


でもなんといってもおもしろいのは押し付けならまず押し付けた相手に抗議して、国際舞台でアメリカの押しつけで主権侵害を公言してアメリカに謝罪求めるのが筋だそうで。


by ayu15 (2013-05-13 12:20) 

Ladybird

 日本は「無条件降伏」をしたので,どういう条件が「押しつけ」られても,飲むしかなかったのでしょう.その中で憲法は,米国が日本に押しつけた最良のものだったと思います.

 9条は幣原氏の発案,という説は,理解できます.軍隊を持たない,という思想は中江兆民にまでさかのぼります.何と無防備な,と思いますが,日本ではそれほど特殊な思想ではなかったのかもしれません.

 軍隊を持たないと国を守れない,という人がいますが,どの政府もそう考えて,国を守るという名目で戦争が起きますね.それに今,日本を「戦争ができる国」にしたら,最も喜ぶのは米国ではないでしょうか.日本の「国防軍」の最初の仕事は,イランで戦争をすることになりそうです.
by Ladybird (2013-05-14 07:04) 

Ladybird

 jmhさん,nice!をありがとうございます.
by Ladybird (2013-05-14 23:40) 

アルバイシンの丘

TBありがとうございました。シンゾー君についてはもう言葉もありません。具体的な言葉にすると,そのほかの,言葉に尽くせないあほの部分がキャンセルされてしまいそうで。

ずいぶんと長いことご無沙汰しております。私もほとんど昼寝状態でしたが,Ladybirdさんも記事の間隔が間遠ではありませんか?
安倍放射能に負けずに,お互い,気力でがんばりましょうね。
by アルバイシンの丘 (2013-05-17 20:32) 

Ladybird

 アルバイシンの丘様,トラバとコメありがとうございます.
 そうですね.記事を書こうとする意欲が湧いて来ない状態だったので,長い長いブランクができてしまいました.

 しかし,自民党の憲法草案があまりにひどいので,沈黙していてはいけないと思い,ブログの上でだけでもとにかく発言して行こうと思っています.またよろしくお願いします.
by Ladybird (2013-05-17 21:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます